一軒家の水まわりリフォームで事前に注意すべき3つのポイント

水まわりのリフォームでマイホームを一新しよう!

長く清潔を保てる!最新式のトイレ

トイレリフォームにかかる費用

トイレのリフォームにかかる費用は10万円~40万円の価格帯が多いようです。掃除の手間や将来を考えたオプショに人気があります。

●全自動掃除機能つき便器(約10万~20万円)…各メーカーが力を入れて開発している人気の機能です。お掃除の手間が減るのでうれしい機能ですね。

●消臭できる壁材(約5万~15万円)…最近では珪藻土の壁材が人気とのこと。マットな質感がおしゃれで、消臭・調湿にも優れた素材です。その他にも色々ありますので、デザイン・機能から自分に合ったものを選びましょう。

●手すり(約2万~5万円)…狭く、立ち座りの動作があるトイレでは、特に高齢者の転倒事故が増えています。現在家族に高齢者がいる場合だけでなく、将来のことも考えたオススメのオプションです。

最新のトイレリフォーム施工例

トイレは家族全員が日に何度も利用する場所ですので、耐久性が大事です。また、来客も利用する場所なので、デザインや清潔感にもこだわりたいものです。家に高齢者がいる場合は特に使いやすさを中心にリフォームを考えると良いでしょう。

事例1)タンクレストイレ…人気のタンクレストイレは空間が広くなるだけでなく、掃除もしやすくなりますが、別途手洗い場の設置が必要です。価格相場は40万円~60万円です。

事例2)介護トイレ…入り口の段差をなくすバリアフリー仕様にしたり、高齢者の部屋から直接入れる出入り口を増設する、など高齢化社会にかかせないリフォームです。場合によっては補助金もでます。価格相場は20万円~80万円です。

事例3)収納・手洗い一体型…見た目に統一感がでてよりデザイン性にこだわったトイレになります。また、収納が多いので、見た目にもスッキリしますね。価格相場は30万円~60万円です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る