一軒家の水まわりリフォームで事前に注意すべき3つのポイント

水まわりのリフォームでマイホームを一新しよう!

水まわりのリフォームを考えたときにまず注意すること

キッチンは汚れやすくお手入れの手間がかかる場所です。 また利便性の為の買い替えや買い足しも多く、手狭になって使い勝手が悪くなったり…熱いものを扱う場所なだけに安全面にも注意したいですよね。 こういった悩みを解消するために、最新式のキッチンリフォームとかかる費用を大解剖します!

癒しのスポットお風呂と、家事を楽にできる洗面所

お風呂場は体の汚れを洗うだけではなく、一日の疲れを癒す大切な場所です。 多様なニーズに応えて、多くの選択肢の中から個々の希望に合ったお風呂にリフォームすることができます。 また、家事の導線を握る洗面所の最新事情についても調べていきましょう。 隣り合わせにあることが多いので雰囲気を統一するのもオススメです。

長く清潔を保てる!最新式のトイレ

汚い場所であるというイメージのトイレですが、完全にプライベートな空間ですので清潔を心がけたいものです。 最新式のトイレでは汚れがつきにくかったり、掃除がしやすくなっていて従来ほど手間をかけずに清潔が保てるのです。 最新のリフォームを施しておしゃれなインテリアを楽しむことも出来ます。

お料理が楽しくなる、機能的でおしゃれなキッチン

マイホームの劣化が目立ってきた時に、オススメするのが水まわりのリフォームです。
なぜなら、水まわりに関する製品は次々と新しいものが開発・販売されており、住み慣れた家に最新設備を入れることによって、劣化やマンネリ感から解消されるからです。

しかし大きな費用を必要とする上、やり直しがしにくいので失敗談もよく聞きます。
では、失敗しないためにどんなことに注意したらいいのでしょうか?
大きく分けて3つの注意点があるといわれています。

1)リフォームのタイミング:一般的に15年~25年が目安といわれています。実際には以下のような例がある時がよいとされています。
○破損箇所が多くなり、安全を保てなくなった。
○汚れやカビが目立ち、気持ちよく使用できなくなってきた。
○家具・家電の買い替え、劣化などの理由により使い勝手が悪いと感じるようになった。

2)業者の選択:見積もりを出してもらうときに金額だけではなく、以下のポイントにも注意して納得できる業者を選びましょう。できるだけ多く見積もりを出してもらい比較するとさらによいでしょう。
○施工件数が多く、経験豊富。
○こちらの希望に沿えるような提案力がある。
○その業者の得意分野が自分の求めるリフォームに合っているか。
○アフターフォローやメンテナンスがしっかりしている。

3)費用の節約:色々な方法がありますので、できるところは節約して自分の理想に合ったリフォームをしたいものです。
○市区町村や自治体による補助金や減税などのリフォームに関する優遇制度を利用する。
○見積もりを取り、詳細について納得できるまで話し合う。
○セット価格を利用して、個々に直したいところを施工してもらうのではなく、なるべくまとめて数箇所をリフォームする。

全体のポイントは以上をおさえていただくとよいと思います。
次ページからは個々の箇所についての費用の相場や、最新式のリフォーム事例をまとめていきます。

TOPへ戻る